神奈川エリアで注文住宅を建てたい人への情報
神奈川エリアで注文住宅を建てたい人へお役立ち情報です
Menu

神奈川県は人口が日本で3番目に多い都道府県になります。人口が多い理由は、そこに関東平野が広がっており、しかも川が多く、海もあるからでしょう。もともとそれほど栄えていませんでしたが、明治時代以降は急速に人口が増えた地域でもあります。今では、観光する場所も増えています。例えば、神奈川県の西の方では箱根や湯河原と言った温泉地帯があります。また、東の方では横浜なども観光地として知られています。横浜は県庁所在地ですが、横浜が人気の理由は、東京から近いという理由もあります。これにより、通勤をする場合や通学をする場合も非常に便利なのです。そういった理由から神奈川県で注文住宅を建てたいという人も少なくありません。ではどのような種類の住宅があるでしょうか。

住宅を建てる時の注意点についてしておこう

注文住宅を建てる場合は建物を建てる前に土地を確保する必要があります。昔からそこに住んでいて、建物を壊して新しく建てる場合や、相続で土地を譲ってもらった場合は別ですが、そうでなければ新たに土地を購入しなければなりません。土地を購入する時のポイントは、その土地がどんな場所かをよく把握することです。単に地理的に優れているとかいう理由だけで土地を購入すると痛い目にあうかも知れません。注文住宅の場合は、ある程度面積を必要としますが、横浜市や川崎市の中心部であればあまり面積をとることはできません。基本的に購入するのが大変なだけでなく、分譲地として売っている場合もあまり広い土地を売っていることはありません。交通の便が良い所であれば、3階建の住宅にならざる得ない場合もあります。

建物はどのようにしたらいいのか

では、注文住宅を建築する場合の建物はどのようにしたらいいのでしょうか。これに関してお好みの建物を建てないというのが一つの結論になります。しかし、その地域の気候に合わせた住宅を建てるということは非常に大事になるでしょう。では、周辺地域の気候に合わせた住宅とはどのような住宅になるでしょうか。まず、日本の中でも平均的な気温になりますので、特別寒さ対策をする必要はありません。むしろ暑さ対策をする必要はあるかもしれません。もともとこの地域では、住宅を建築するとき冬よりも夏を意識した住宅が多かったのが特徴です。世間では断熱性と騒がれていますが、断熱性の住宅をそこで建てるのはそれほど意味があることではありません。むしろ夏の暑さをしのぐために、通気性の良い家がいいでしょう。