神奈川エリアで注文住宅を建てたい人への情報
神奈川エリアで注文住宅を建てたい人へお役立ち情報です
Menu

神奈川県では、人口が増えていますので新しい住宅を建てる人が増えています。住宅を建てる場合は注文住宅という形になりますが、実際に神奈川県で注文住宅を建てる場合どの位の金がかかるのでしょうか。基本的に住宅を建てる場合は、購入する場合よりも費用が高くなります。その理由の一つは、オリジナルの設計をするからです。業者によっては、すでに形が出来上がった住宅があり、その住宅の部分部分にオプションをつけていくというタイプもあります。このようなタイプであれば建売住宅とするほど費用は変わりません。ですが、オリジナルの住宅を建てる場合は、資材一つ一つがオーダーメードになり取り寄せるのもお金がかかります。その一軒の家のために資材を取り寄せますので、どうしても建売住宅よりは高くなってしまうのです。

神奈川県の土地の値段についてはどうか

神奈川県で注文住宅を建てるならば、土地の値段についてある程度知っておく必要があります。基本的に、県内で人気があるのは横浜市か川崎市ではないでしょうか。この二つの市は、人口も多く東京からも割れと交通の便が良いため、通勤圏内としても知られています。そのため、そこに住む人が多くどうしても土地の値段は上がってしまいます。1平方メートル当たり80万円から100万円を超えることも多く、駅前などでなくてもある程度の金額は用意しておかなければいけません。ただし、町の中心から外れると土地の値段は一気に下がります。特に駅前などがよいというわけでなければ郊外に住むのも一つの方法ではないでしょうか。土地は余っていますので、無理して3階建てを建てるのではなく、横に広げることもできます。

建物についての相場はどうなっているか

建物を建てる場合、格安住宅であれば、基本的には形が決まっており、あとは二階にトイレをつけたり洗面所をつけたりオプションがあるだけです。通常の2階建ての住宅であれば建物は建売住宅とそれほど違いがなく2000万円ぐらいで建てることができます。一坪50万円ぐらいで建てることも夢ではありません。ただし設計が制限されますので、特に自分で1から設計したいという人でなければそう言った住宅に住むのがよいでしょう。一方で、ある程度こだわりを入れるならば、一坪60万円から70万円ぐらいになってしまうと考えた方がよいでしょう。平均的な家の大きさだと3000万円近くかかることもありますが、この場合は自由に設計をすることができるため、以上に満足度が高くなります。どちらが選ぶかはそこに住む人次第です。